SONOMAの床材ご対面!


週末はICさんとの打ち合わせでした。

前回はインテリアフェアの見学のみだったので、しっかりとした打ち合わせははじめてです。

早々に登場したのがSONOMAのパケット張りの床材。

SONOMAのカタログのダイニングに貼られているのがこのオーク材のパケット張りです。

これは三井ホームで扱っている資材にはないものなんだそうです。

それがやっとこちらの支店にも到着したと!

それがこちら。
image (51).jpg
左は塗装されていないもの、右は塗装されたもの…と聞いた気がします…

実際にカタログの中のモデルハウスに使われているのは左のものです。

こうして見るとすごく色がぼやけたかんじに見えますが、木目の向きを変えながら敷きつめて行くと、あのカタログのような模様になるようです。
sonomaダイニング.jpg
こちらの写真だと模様がはっきり見えます。

パケット貼り!!

以前大塚家具に行ったときに、営業さんに「床はどんな素材ですか?」

と聞かれ、このパケット張りという名がわからず「あの、、オークで?、、ヘリンボーンじゃないんだけど、、、あの図工室の床みたいな!?」と言って恥ずかしい思いをしたので、この「パケット貼り」の名をしかと心に刻みます…

この床材は無垢材で、年に2,3回ワックスがけが必要になるそうです。

また、短い床板を貼り合わせていくので溝が多くでてしまい、掃除がしづらいと。

四角な床材を敷き詰めていくため半端な部分もでる。

そして極め付けが三井ホームでおすすめされている無垢材のフローリングよりも高い!!

でもそれよりなによりおしゃれなフローリングにしたい!!という気持ちを優先して、カタログと同じようにダイニングキッチン部分をこのパケット張りにすることにしました。

ピットリビングと玄関部分は通常のオークの無垢材にしました。

こんな感じで床については意外にさくさくと決まりました!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村

コメント